So-net無料ブログ作成
検索選択

パム。 [パム]


パムが天国へ行きました。


今月18日でした。(5/18)

(掲載の写真は文章と連動していません)
110521-1.jpg

さかのぼると───なんと丸3年前に病気、発症してる。
5年半くらい生きたので、人生(鼬生?)の半分以上
患っていたんですね。
主に、体毛が抜けてしまう、脾臓肥大?という状態で居つつも
大体はありがたいことに元気に過ごせていたパム。
心臓が良くない、と診断されてからは
ヤバいかも、という危機的な日も一度や二度あっても、
いつも持ち直していたパム。
かかりつけのお医者さんがいつもびっくりしていました。
(お医者さん、自分で診察処置してるのにね。)
薬が終わってもらいに行くと、毎回のように
「元気だねぇ??」と。

110521-2.jpg

ここのところ、なんだか、弱ってきたかな…?
という状態が続いていたけど、食欲や排泄は変わらず普通にしていて、
先月下旬にはチョコと一緒に年1回の予防接種も受けました。

110521-3.jpg

今月中旬、いつもの心臓の薬が終わるのでお医者さんへ。
「ちょっと、良くない状態だね。」と診断され。
その日から、一日、一日、弱くなっていきました。
シリンジ(注射の針のないもの)で薬をあげるのも、
最初は首をぶんぶん振って抵抗していたのが、
顔を背けるのがやっとになり、
ついには抵抗もできない状態になりました。

110521-4.jpg

それでも、ふいに頭を持ち上げて、何かを探すような様子を見せます。
私が指をかざしても、なめません。(元気なときは執拗にペロペロしていたのに。)

─── そうか、ダンナを、探してるんだ。…

110521-5.jpg

「パムが、あなたを探してるよ。」
ダンナが手をかざすと、ペロペロ、ペロペロ。
もう目も、耳も、あまり反応がないパム。ダンナだけはわかる。
私は(毎日毎日シモのお世話も、お薬もお医者さんもお世話しているのは
私なのに!と)ちょっとダンナに嫉妬しました。
でも考えてみれば、詳しくは書きませんがパムがここまで生きられたのは、
ダンナのおかげです。ダンナがいなければ、パムは5年前にすでにこの世にいませんでした。

110521-6.jpg

その翌日、未明に息をひきとりました。

私は折に触れてケージをひょい、と見るのが癖になっていたようで、
ついケージを見てしまう。
あ いないんだっけ… という日々。


少々意外だったのは、子どもたちの反応。
私は、子どもだし、わりと淡白だろうな、と思っていたら、
これでもか、というくらいキョーレツに悲しんでくれました。
朝の出来事だったので、
みーちゃんは「学校行きたくない…」と。学校へは行きましたが周りが心配になるくらい
超ブルーに。
あーちゃんに至っては、パムを見るなり、
「わあぁぁぁぁん!!!!!!パムちゃあぁぁぁんんん!!!!!!」と床に突っ伏して悲しんでくれました。
考えてみれば、物心ついてから魚でもない、カブトムシでもない、温かい血の通った
”家族”を失ったのは、子どもたちにしてみれば生まれて初めての出来事なのですね。

子どもたちが、パムのためにパムの前で歌を歌ってくれました。

110521illust.gif
110521illust2.gif
正しくは『お盆に来る?』だと思う。




パム、うちにきてくれてありがとう。
天国で思いっきり飛び跳ねて遊んでね。

110521-7.jpg
nice!(17)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 17

コメント 18

piano

パムちゃんお疲れ様、パム家のみなさん元気出せ!のnice!だよ。
パムちゃん、本当によく頑張ったよね。
最近は毛も生えてきて白い可愛いイタチに戻ってきていただけに
びっくりです。
お子ちゃまたちショックだったんだね(ーー;)
ペットを飼うというのは子供が生死に直面するという意味でも
とてもいいことらしいです^^;
チョコにはパムちゃんの分も長生きしてもらわないとね!
チョコを今後ともよろしくね<(_ _)>
by piano (2011-05-22 06:20) 

たいへー

お子さん達が、これからいっぱい体験する「別れ」を、
パムは教えてくれたんですね。
きっと、幸せだったと思いますよ。
by たいへー (2011-05-22 07:14) 

いとお

訃報を聞きまして驚いています。
一度会っているだけに、やはり私もショックです。。。
5年一緒だったんですね。
みーちゃん、あーちゃんのショックもかなりですよね、、、
パムちゃんのご冥福をお祈りします。
by いとお (2011-05-22 07:25) 

momoしゃん

(T_T)
by momoしゃん (2011-05-22 10:57) 

コトキャン

こんにちは。
悲しいですね。
私もフェレットを飼っているのでとても残念です。
きっと幸せな家族のもとだったからこそ
今日まで頑張れたんだと思います、パムちゃん。
パムちゃんお疲れ様、チョコちゃんを見守って、
家族を幸せに導いてね!

by コトキャン (2011-05-22 11:47) 

amane

今までありがとうという意味でナイス押しました
家族の思いってあるんですね
感動しました
ご冥福をお祈りします
by amane (2011-05-22 23:19) 

いりな

パムちゃんはいろいろなことをお子さん達に教えてくれましたね。
生命の大切さを理解できたかと思います。

看病、お世話とお疲れ様でした。

Smile Againは、うちの長女も歌っていました。
いい歌ですね。
by いりな (2011-05-23 00:05) 

Gamaoyabeeeen

お子さんたち、動物を飼うことの意味を理解できたね。
パムちゃん、安らかに!
by Gamaoyabeeeen (2011-05-23 01:04) 

HOKUTEN

そうですか…。パムちゃんはお空に帰ってしまいましたか…。
会えなかったなぁ…。
今頃は、重かった体を脱いで軽やかに走って跳ねているかな?
ぱむさん、お疲れ様でした。
きっと感謝しているよ。
ありがとうって。
by HOKUTEN (2011-05-23 06:44) 

ぱむ

みなさま、ありがとうございます。
すっかり怠けて今年の更新がこれが最初で皆さまともご無沙汰してしまっているのに、こんなに温かいコメントの数々をよせていただいて、パムもぱむ家も幸せです。


>>pianoさん
ありがとう!(j.j)
ダンナも、イタチたちになかなか濃厚なスキンシップが出来なくて
本人もそのことは少々悔いがあるあーちゃんに
「チョコともっと仲良くしようね。」みたいなこと言ってましたよ。
大好きなんだけどね…。^^

>>たいへーさん
ありがとうございますぅ。
パムは子どもたちに本当に色々なことを教えてくれたと思います。
幸せだと思ってくれたらうれしいですね。(j.j)

>>いとおさん
ありがとうございますー。
パムに会ってから1年足らずでしたね…。
子どもたちもかなりショックのようです。
チョコに会いにきて下さいね。^^

>>momoしゃんさん
ありがとうございます。

>>コトキャンさん
ありがとうございます。
動物とはいえ家族を失うのはつらいですね。
幸せであったと信じたいです。
フェレットちゃんたちとたくさん遊んであげてください。^^

>>amaneさん
ありがとうございますー。
ペットは一緒に過ごすとすっかり家族の一員になります。
私の、だんなの、娘たちの、パムを知ってる人たちの、
それぞれの心に思いがあるんでますね。^^

>>いりなさん
ありがとうございます。。。
出会い、別れ、生命の大切さ。
本当に子どもたちが色々な思いを抱けたと思います。
いまだ、時間になると「あ、薬…」と思ってしまう私も。

>>Gamaoyabeeeenさん
ありがとうございますー。
ペットは人間が選ぶことで、動物側は選べませんから、
精一杯かわいがってあげたいですね。
子どもたちも色々と考えさせられたと思います。^^

>>HOKUTENさん
ありがとうございますぅー。
天国で元気に遊んでいると思いたい^^
通院、投薬、トイレの世話、ケージ掃除…今となっては
トイレのお掃除もラクちんなチョコのお世話だけになったら、
拍子抜けって感じです。。。
by ぱむ (2011-05-23 11:13) 

うり

とても大切な家族の旅立ち…今まで過ごしているのにいなくなるのは悲しいですよね(T_T)子供の時に動物を飼うことは出会い、別れを覚えるために大切なこと。私も、子供の時に大好きな犬とお別れしたこと今も覚えています。
きっとご家族のことお盆以外でも、いつもお空から見守ってくれてますよ!
by うり (2011-06-02 16:35) 

ぱむ

>>うりさん
ありがとうございますー。
初めて来ていただいて、なんだかおもーい記事でスミマセン(汗
子どもの頃の出来事でも、大人になっても(多分一生)心にいるんですよね。
by ぱむ (2011-06-02 17:18) 

tsworking

ご冥福をお祈り申し上げます。
ぱむちゃんに取って幸せな最後だったと思います。
チョコちゃんは一人になってしまいましたが、寂しくはないですか?
by tsworking (2011-06-17 21:02) 

ぱむ

>>tsworkingさん
ありがとうございます。
チョコも一人になってちょっと寂しそうな?感じ…かなぁ。
元気にしてます^^
by ぱむ (2011-06-19 01:01) 

vaio_7

ぱむさんへ
人生には、嬉しい事も悲しいこともあります。
悲しい事を避けて生きるなんてできないものね。
全部まるごと受け止め、覚悟しながら生きるのが、「生きる」ってことだっと、思うようになりました。
二年前、私の母がガンで他界したとき、トラオはまだあまり話せず、やっと最近「ばーば、てんごく?」などなど、口にだして色々とお話しはじめました。般若心経もよんでくれます(笑)
ぱむちゃんが、逝って悲しいでしょうが、その悲しさ以上の、ともにすごせた喜びがあったと思います。
そして、死は悲しいけど、必ず子どもたちに、すばらし心の成長があったと思います。
いとしいものが旅立つ胸の痛みを知っていたら、色々な人に、やさしくできるようになるでしょうね。
ぱむちゃんは、温かい家族と過ごせて幸せだったと思います。
体調を崩しやすい時期ですので、くれぐれもお体にお気をつけて。

by vaio_7 (2011-06-29 11:13) 

ぱむ

>>vaio_7さん
ありがとうございますー。
パムは家族だけでなく、こうやって皆さんにまで悼んでもらって、
幸せ者です。
子どもたちもとっても悲しい思いをしたけど、おっしゃるとおり、
人にやさしくする気持ちを持てると思います。すでに、あんなにも家族の一員を愛する気持ちは持っていましたしね。
トラちゃんもおばあさまとお別れしていたのですね。般若心経…すごすぎよー^^
by ぱむ (2011-06-29 15:43) 

ハイマン

言葉がありません。
家族の一員であったパムちゃん
きっとご家族から頂いた温かさをお土産に
天国に発ったことでしょう。
あーちゃん 悲しみを乗り越えて強くなるんだぞ
by ハイマン (2011-07-14 11:43) 

ぱむ

>>ハイマンさん
ありがとうございますー!
子どもたちがあんなにもパムを愛していたんだな、って
気づかなすぎなハハでした(><)
こういうことを含め色々な経験をして人は成長するんですね。
しみじみ。(--
by ぱむ (2011-07-14 12:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。